サイトマップ

メインコンテンツ

その他のコンテンツ

高層ビルが溢れる国

第二次大戦後、敗戦の焼け野原から少しでもはやく世界に追いつけ追い越せの高い志で、日本は高度経済成長を遂げました。その過程で街の風景も一変し、平屋が多かった住まいは団地やマンションなどの集合住宅が増加、繁華街やビジネスの中心部には背の高いビルが猛スピードで建設されていきました。その象徴のひとつとして「東京タワー」があり、その当時の日本国内の可能な限りの高い技術の集大成が、そこにはありました。

街に高層ビルが増えていく光景は、必死に先進国についていこうとする奮闘と、世界にひけをとらない日本の各職人の高い技術への誇り、さらには経済成長でどんどん豊かさが増していく日本の復活と発展の象徴的なものだったでしょう。日本の建築技術や設備のレベルは、瞬く間に世界を席巻し、今では世界各国の高層ビル建設に携わることも珍しくありません。日本の技術が世界を支えている、その代表的なものが高層ビルといっても過言ではないでしょう。日本のみならず、各国の高層ビル建設の現状をみてみると、経済が急成長を遂げている国々で豊かさの象徴のように高層ビル群が出現しています。

ビジネスや商業、観光といった目的で利用される高層ビルをはじめとするビルに携わる仕事は、国力を根底で支える大切な役割といっても良いでしょう。ビルに携わる仕事といえば、先述した通りビルを建てる職人、設計を担当する建築士はもちろんのこと、その設計図を具体化させる技術士たちも重要なポジションです。さらには、建設後のビルを維持・メンテナンスする役割も、ビルに携わる仕事としてはたいへん大切なものです。世界各国を見渡せばもちろんのこと、日本国内にもさまざまな形態のビルが存在しますが、それらを安全に維持する仕事とは一体どんなものでしょうか。

[特選サイト]
保有しているビルの設備、警備など、ビルのメンテナンスにかかるコストの削減に役立つサイトです・・・ビルメンテナンス